ドッグフードをカナガンに変えて愛犬の健康を維持しよう!|The Pet Service

ドッグフード気をつけていますか?

犬のご飯といえばドックフードですが、自分の飼っている愛犬にはどんなものを食べさせていますか?ドッグフードは種類がたくさんあり色んな味や入っている成分が違います。愛犬の健康を考えて無添加のドッグフードを与えている人もいるでしょう。そこで、無添加ドッグフードのカナガンと一般的なドッグフードどちらが良いのか比較してみました。

無添加ドッグフードと一般的なドッグフードの違いを比較してみた

一般的なドッグフード

ペットショップやホームセンターで売られているドッグフードは量が多く比較的安い値段で購入する事ができます。また種類が多く犬の年齢に合わせたものも売られているので、愛犬に合わせたドッグフードを選ぶ事ができます。しかし、一般的なドッグフードには添加物が入っているので、食べ続けていると知らぬうちに愛犬の寿命を縮めている可能性があるのです。

無添加ドッグフードのカナガン

人間の食事には保存をしやすくしたり彩りを良くする為に添加物が含まれているものがあります。ドッグフードも同じで、一般的なドッグフードにも添加物が入っているものが多いです。ですが添加物を使わずに犬の健康を考えて作られたのが無添加ドッグフードです。無添加ドッグフードは犬が本来自然で取り入れていた栄養を摂る事ができたり、病気やアレルギーになるのを防いで健康で長生きできる身体にしてくれる良さがあります。しかし一般的なドッグフードよりも高いです。また、物によって犬の食いつきが良くないものもあるので、選ぶ際には飼い犬の好みに合わせて選んでみるとよいでしょう。

ドッグフードに含まれる良くない添加物

ペット用品

ドッグフードに含まれる添加物の中には摂取し続けると犬の健康にあまり良くないものがあります。添加物がより多く含まれているドッグフードだ、とその分犬が長生きできる期間を縮めてしまいます。なので、どんな添加物が良くないものなのか知っておきましょう。人間の食べ物に含まれる着色料はドッグフードにも含まれている事が多いです。ドッグフードに色をつけて見栄えをよくし購買力を高める為に付けられている事が多いです。他にも保存料というものがあります。保存料はドッグフードが腐ってしまわないようにする為の添加物です。カビや細菌の発生を防いでくれますが、その発生を抑える為のソルビン酸カリウムは大量に取り過ぎると肝臓障害や発育不要になってしまう可能性があります。

無添加ドッグフードを選ぶ時のポイント

初めて購入する人は、どの無添加ドッグフードを購入していいのか分からない人も多いでしょう。そこで、選ぶ時のポイントをいくつか紹介していきます。まずは100%無添加である事が大事です。次に原材料は安全なものを使用しているかも確認しましょう。原材料の表記に4Dミートと書かれていたり、肉類副産物と書かれているドッグフードは購入を避けるようにしてください。そして、主原料に肉や魚が使われているのかも確認しておきましょう。肉食動物である犬にとって動物性たんぱく質は必要な栄養素だからです。

愛犬がドッグフードを食べなくなったら

いつもはたくさんドッグフードを食べるのに急に食べなくなってしまったという経験はありませんか?まずはなぜ食べなくなったのか原因を突き止める事が大切です。犬がドッグフードを食べない原因には体調不良によるものがあります。まずは体調をチェックしていつもと様子が違わないか確認しましょう。その他には、ドッグフード以外の食べ物が気に入ってしまい食べないという事があります。その理由は犬にも味の好みがあるからです。もしもその理由で食べない場合は、ドッグフードに犬用のふりかけをかけておげたり、ドッグフードを少しふやかして匂いを分かりやすくしたりすると良いですよ。

広告募集中